歯がしみる理由 | 歯のホワイトニングでしみる場合、何に気を付けるべき?

あなたが笑顔でいられるような情報をお届けするサイト

なぜホワイトニングをすると歯がしみる?

ホワイトニングで痛みを感じる原因

ホワイトニングで痛みを感じる原因の一つは、薬剤です。薬剤が歯に浸透し、象牙質や神経に直接触れてしまうと強い痛みを感じてしまいます。オフィスホワイトニングでは過酸化水素の濃い薬剤が使われています。低濃度では痛みを感じなくても、高濃度になるとと痛みを感じる場合があります。また、低濃度の薬剤を使用するホームホワイトニングでも、マウスピースに薬剤を入れすぎると、歯組に薬剤が多く触れてしまいただれることがあります。
痛みを感じる原因にもう一つあるのが、歯そのものに原因がある時です。虫歯がある人や虫歯の治療をしたことがある人は、象牙質や神経に直接浸透するような穴が開いていることがあります。歯ぎしりが多い人は歯の先端が割れてしまったり、歯にヒビが入ってしまっている場合があります。
歯周病になっている人は、歯茎が通常よりも下の位置にあり、エナメル質に覆われていない根元の象牙質がむき出しになり、痛みが出ます。

痛みを軽減するために

ホワイトニングをするときは、歯が健康な状態であることが何より重要です。虫歯や歯周病になっている人はまずそちらを治しましょう。ホワイトニング治療は健康な歯で行うことが前提です。歯肉炎などの炎症も治しておくことが大切です。
ホワイトニングをする前に、ハイドロキシナノアパタイトという成分が配合されているコーティング剤を塗ることで、痛みを抑えることもできます。

痛みを感じたときは、熱いものや冷たいものを口に入れないようにしましょう。ホワイトニング後の痛みは一過性のものなので、24時間以内には収まります。また、知覚過敏用の歯磨き粉には硝酸カリウムが配合されています。硝酸カリウムは刺激伝達を妨げる効果があるので、歯のバリアとなって痛みを軽減してくれます。ベリクル層を強くしてくれるフッ素のジェルを塗るのも良いでしょう。

ホワイトニングに関する正しい知識を手に入れて、きれいな白い歯を手に入れてくださいね。


この記事をシェアする