歯が黄色くなる理由 | 歯のホワイトニングでしみる場合、何に気を付けるべき?

あなたが笑顔でいられるような情報をお届けするサイト

あなたの笑顔に自信をつける、それがホワイトニング

歯の着色の原因って?

歯の着色の原因は二つあります。一つは、歯の表面のエナメル層の上に着色している場合です。お茶やコーヒー、赤ワインなどに含まれるタンニンという色素や、タバコのヤニなどが歯の表面にある「ベリクル」という成分に付着します。するとそれが「ステイン」と呼ばれる物質になり、やがて歯が黄色く見える「着色汚れ」となります。歯の表面の着色は、クリーニングをすることで白くすることができます。
もう一つは、象牙質の色が濃くなっている場合です。加齢とともに半透明のエナメル資質がすり減り、象牙質が厚みを増していくため、象牙質が透けて黄色く見えてしまいます。こちらは、表面を白くすることでは白くなりません。一方、歯科医院でホワイトニングをするときは、象牙質そのものの色を白くすることができます。

ホワイトニングをする前に

コーヒーやお茶を飲んだ時の着色を防ぐには、飲んだ後に水で軽く口をゆすいでおきましょう。また、口呼吸による歯の乾燥も原因の一つになることがあります。つい口呼吸をしてしまう人は、舌の使い方や噛み合わせ、鼻に問題がある可能性があります。癖になっているとなかなか直しにくいこともあるので、そういう時は歯科医院で相談してみましょう。成長期の方が大人より直しやすいので、早めに原因を見つけられるとよいですね。
しかし、口呼吸を直しても、コーヒーや紅茶を飲んだ後に後に口をゆすいで歯磨きをしたとしても、どうしても着色は残ってしまいます。人間の歯にとって、着色汚れは避けて通れない道なのです。そういう時に頼れるのがホワイトニングです。


この記事をシェアする